ストレスと難聴

ある日突然、耳に膜が張ったような感じがする、

耳なり、難聴、自分の声が大きく聞こえる・・・

 

これは近年増えている「急性低音障害型感音性難聴」と言われる

難聴で、治りやすい一方で再発もしやすいのが特徴。

再発を繰り返すとメニエールに移行することも。

 

そして、この難聴の別名は「ストレス難聴」

その名の通り、ストレスが関係していることが多いと言われ、

心や体に無理がきていることのサインです!

このタイプの難聴には、早期の鍼灸治療、特に発症後3週間以内の鍼灸

治療が有効です。

耳の治療と並行して、ストレス緩和の治療や生活のアドバイスなども

させていただきます。

 

詳しくはさくら治療院までお問合せ下さい!(さくら治療院 吉澤明日香)

 

〈さくら治療院 2016年8月5日の当日予約状況〉

14時~ 1名

16時~ 2名

ご予約お電話番号 090-6186-9150

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です